アンチエイジング美容法

年齢に負けない美容作り

日焼け後のお手入れ

日焼けを浴びた後のお手入れ方法を誤ると、逆効果になることがあります。

日焼け後のお肌はとてもデリケート。お肌のバリア機能が弱くなっているため、コットンなどで何度もパッティングするのはよくありません。
お肌の表面が傷ついて、更にお肌のバリア機能は低下していきます。お肌の水分量がどんどんと失っていき、乾燥肌になってしまうことがあります。
コットンで化粧水をつけるときはお肌に優しく押すように乗せます。じんわりと浸透させるように意識して、お肌に優しいケアを行いましょう。

日焼け後は、美白効果のある化粧品で集中ケアを行うことも多いかと思います。
しかし、ケアをした直後にピリピリと刺激を感じたことはありませんか?
日焼け後は、お肌は炎症を引き起こしていて、とてもデリケートなお肌になっています。紫外線を浴びた後は、すぐに美白ケアを行いたくなりますが、日焼け後すぐのお手入れは控えた方が良いかと思います。

また日焼け後、ビタミンCが配合されている美白化粧品を使うと、お肌に与える刺激が大きいと言われていますので、日焼けした2日後くらいのケアがベストです。それまでは冷水などでお肌を冷やしておくと良いでしょう。

日焼け後のマスクも控えた方が良いでしょう。長時間お肌に刺激を与えてしまうので、
炎症などを引き起こす恐れがあります。
うるおいを与えたい場合は、コットンなどに化粧水を含ませて、通常のケアを行うのがベストです。

日焼け後はすぐにお肌を冷水で冷やし、化粧水で保湿を行い、食事からビタミンを摂取するだけでOKです。

日焼けとはお肌の軽いやけどと思っていてください。
ですので、まずはお肌を冷やすことが大切。外出時は必ず凍らせたタオルを首に巻いておくと日焼けをしてもすぐに顔を冷やすことができます。
日焼け後は、お肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすくなるので、お顔を冷やしたらそのあとは、いつもより多く保湿をしましょう。

日焼け後は、お肌ケアを控える代わりに体の内側からケアを行うことがベストです。
メラニン生成を抑制させるにはビタミンCや肌再生を促進させる働きのあるビタミンA、Eを含む食材を摂取するのがベストです。